興行の仕事 興行を支えるTOHOシネマズの組織

興行会社であるTOHOシネマズでは、お客様と接する劇場勤務のスタッフと、それを影で支える本社勤務のスタッフがおり、さまざまな役割で「興行」を支えています。全員に共通するのは、「お客様のGOOD MEMORIESのために」というTOHOシネマズの理念。すべてのお客様に楽しい時間をすごしていただくために、それぞれがプロフェッショナルとして仕事をしています。

お客様のGOOD MEMORIESのために

劇場の仕事

劇場で勤務している社員は、各担当セクションを管理する「マネージャー」、支配人補佐として、全セクションを統率する「副支配人」、劇場責任者である「支配人」という階層に分かれ、各々の職務を全うすることで、チームとして機能しています。

マネージャー

劇場運営の現場に立ち、ボックス(チケット販売、インフォメーション業務)、フロア(館内案内、宣伝素材管理、清掃)、コンセッション(飲食)、ストア(パンフレット、グッズ販売)の各セクションを管理する責任者。仕入や売上、在庫などの販売管理から、サービス向上や販売促進まで幅広く担当する。また、アルバイト・パートスタッフの教育や業務指導などの人材マネジメントも重要な役割の一つ。セクションを構成するさまざまな年齢のスタッフを統率する、高いコミュニケーション能力とリーダーシップが求められる。

マネージャーの仕事&movieへ

副支配人

劇場の総責任者である支配人のもとで、幅広い業務をサポートしながら、支配人不在時は劇場の代表としてあらゆることに対応する。支配人が目指す劇場のコンセプトや運営方針を理解し、マネージャーをはじめとした劇場スタッフ全員と意思の疎通を図り、チケット販売、接客誘導、飲食・物販など全セクションを統括する現場のリーダーとして、劇場が提供するすべてのサービスの運営をマネジメントする。とくに、アルバイト・パートスタッフの採用・教育・指導などの人事管理能力面で高いスキルが求められる。こうした経験やスキルを身につけ、支配人としてのキャリアを拓いていく。

副支配人インタビューへ

支配人

劇場全体の総責任者として、集客や利益向上を目指す。人・モノ・金・情報をトータルに管理しながら、劇場運営全般の舵を取る任務は、まさしく経営者そのもの。とくに、アルバイト・パートスタッフを中心とした100名もの従業員を統べる責任は重く、社員教育の実施や働きやすい職場づくりは、従業員満足を高め、仕事へのモチベーションをアップさせる重要な業務のひとつ。2,000人もの観客を収容する劇場内の安全管理を第一優先に、あらゆる事に責任を負い、冷静に、的確に対応する能力が求められる。

支配人の仕事へ

支配人インタビューへ

本部の仕事

映画館の運営は数多くの社員が協力し合って成り立っています。
劇場からは見えない、裏方の仕事の一部をご紹介します。

劇場運営部
(エリア長/SV/運営推進室/運営研修室)
全国の劇場は劇場運営部に紐づき、複数のエリアに分かれて管理されています。
各エリアを統括する「エリア長」や複数店舗の運営管理や助言を行う「SV(スーパーバイザー)」もこの劇場運営部に所属しています。その他、劇場運営に関わるスタッフ教育やマニュアル作成などを行う「運営推進室」、新入社員の入社2か月間の研修、昇格審査に合格した社員のフォローアプ研修など、劇場勤務している社員の運営スキルに関する様々な研修を担当する「運営研修室」があり、お客様にGoodMemoriesを提供するための劇場運営をバックアップしている最大規模の部署が劇場運営部です。
商品開発部
(商品開発室)
ポップコーンやドリンクなどの飲食物や、パンフレットやキャラクターグッズなどに関する新商品の企画や販売促進、原価交渉やタイアップ契約などを担当しています。
売上動向などを調査・分析しながら、お客様を飽きさせない、新たな商品開発を行っています。
映画鑑賞というイベントを盛り上げることの出来る魅力的な商品を仕入れ、開発している商品開発部は、劇場が利益をだしてその地域に存続していくため、また、お客様にGoodMemoriesを提供するために必要不可欠な部署です。
番組編成部
(番組編成室)
劇場で上映する作品の選定や契約、映画料と言われる映画の原価交渉などを担当するとともに、ライブビューイングや旧作上映など、世の中のトレンドを敏感に察知し、映画作品だけではなく、スクリーンを使って実現可能なあらゆる上映を検討して、お客様に鑑賞機会を提供しています。
劇場で上映される様々な作品のバランスをとり、興行収入を最大化できる条件を整えることで、多くの方がTOHOシネマズで映画を鑑賞していただけるというだけではなく、配給会社の収入増となり、その収益が次の作品を生む出す原動力に繋がっていくということになります。
TOHOシネマズがこれからもGoodMemoriesを実現していくための核となる部署が番組編成部です。
マーケティング企画部・マーケティング事業部
(マーケティング企画室/マーケティング事業室)
今はまだ形になっていないサービスを生み出すのがマーケティング企画室です。
映画産業以外の業界にも目を向けて、少しでも可能性があれば実現に向けて検討し、様々な企業と協議の上で新たなサービスをお客様に提供していきます。新店開業をする際にも、様々な企業や団体とのアライアンスを結びプロモーションを展開します。
そして、生み出されたサービス、これまで培ってきたサービスをより広く、より魅力的に生かすのがマーケティング事業室です。「シネマイレージ」をはじめとして、多くのお客様にご好評いただいているサービスも、日々の管理あってのもの。LINEなどのSNSを用いて様々な情報を提供し、お客様にTOHOシネマズの魅力を伝える役割も担っております。
マーケティング企画部と事業部が連携し、GoodMemoriesに繋がるサービスを提供しております。
業務統括部
(業務室、営業管理室)
全国の劇場で個々に処理されている業務、様々な部署にまたがって行われる業務を集約し、会社としての生産性を向上させることを目的に設立された部署です。
業務が集約されることで、劇場内での業務負荷を軽減し、お客様にGoodMemoriesを提供するための取組に、より一層注力できる環境を作っています。また、劇場にお客様がお越しいただくきっかけとなる「パスポートチケット」や「ギフトカード」の販売や管理も担っております。BtoCでの業務が多いTOHOシネマズですが、BtoBでのお取引で新たなお客様のご来館機会の創出にも取り組んでおります。