こちらのムービーをご覧いただくためには最新のフラッシュプレイヤーをインストールしていただきJavaScriptをオンにしていただく必要があります。 Adobe公式ダウンロードページへ

ともに、明日へ。ともに、未来へ。 TOHO CINEMAS.

※画像をクリックすると動画が再生されます。音声が出ますのでスピーカーの設定にご注意ください。

※ 動画がうまく再生されない方は、こちらをクリックください。

TOHOシネマズ「ともに、明日へ。ともに、未来へ。」

制作の趣旨
現在、全国のTOHOシネマズでは様々な障がいを持つ方が勤務しています。
この動画は、TOHOシネマズが取り組んでいる「障がい者雇用」について、実際に働く障がい者スタッフの声と、企業として、彼ら・彼女らと共に成長していきたいという思いを伝えたいと考え、制作しました。
担当者の想い
一番強く想っていることは、「障がい者スタッフ自身にとって、この動画が励みになって欲しい」ということです。
そして、障がいに関係なく、「こんなにも活躍しているスタッフがいる」ということも、広く知っていただきたい、とも考えています。
更にこの取り組みには、一緒に働く劇場のスタッフや社員の支えも欠かせません。
この動画では、劇場という職場で活躍している障がい者スタッフの姿を紹介していますが、その裏側には、障がい者スタッフ・共に働く仲間、それぞれの努力があるということも、同時に感じて欲しいと願っています。

TOHOシネマズの障がい者雇用イメージ

TOHOシネマズは、障がいによって就労の機会に恵まれない方々に広く門戸を開き、障がいを持つ方には、
当社でのアルバイト勤務によって「業務としての接客」や「シフト勤務での自己管理」等を、実際に就労経験として積み重ね、
それを通して、より自身の希望に近づくステップを踏んでいただきたいと考えています。
また障がいを持たない従業員にも、「障がいを持つ人と一緒に働く」という職場での経験を通して、
障がい者雇用への理解を深めて欲しいと考えています。

TOHOシネマズの障がい者雇用イメージの画像が表示されています。

障がい者雇用状況

障がい者雇用率と雇用者数の推移
障がい者雇用率と雇用者数の推移の画像が表示されています。
在籍者の障がい種別
在籍者の障がい種別の画像が表示されています。

受賞歴・講演

障がい者雇用への取り組みが評価され、以下のような成果を結んでいます。

2012年 8月 CSR企業総覧 2012年度版「障害者雇用率ランキング」3位

東洋経済新報社「CSR企業総覧」は、主要企業のCSR戦略・データベース年鑑です。障がい者を5名以上雇用する698社のうち、TOHOシネマズは3.37%(66名)の雇用率で、3位にランクインしました。

順位 社名 業種 2010年度
比率(%) 人数
1 ヒューリック 不動産業 5.71 6
2 リヒトラブ その他製品 4.36 14
3 TOHOシネマズ サービス業 3.37 66
4 星和電機 電気製品 3.31 20
5 帝都ゴム ゴム製品 3.30 9
6 ツムラ 医薬品 3.19 87
7 日清製粉グループ本社 食料品 3.18 10
7 マミーマート 小売業 3.18 25
9 吉野家ホールディングス 小売業 3.11 120
10 伯東 卸売業 3.07 20

2012年 6月 第1回 日本HRチャレンジ大賞 奨励賞受賞

人材領域で積極的にチャレンジしている企業を表彰する「第1回 日本HRチャレンジ大賞」(後援: 東洋経済新報社、ビジネスパブリッシング、HR総合調査研究所)にて、障がい者雇用への取り組みや、それによって社内外に与える影響に関するレポートが、奨励賞に選ばれました。

  • 日本HRチャレンジ大賞2012のロゴが表示されています。
  • 第1回 日本HRチャレンジ大賞 奨励賞受賞時の写真が表示されています。

2012年 1月 国立職業リハビリテーションセンター主催「受入れ準備講座」講演

国立職業リハビリテーションセンターの「受入れ準備講座」は、訓練生を採用した経験のある事業所や障がい者の受入れを検討している事業所を対象に、障がい者雇用の促進と職場定着を目的として毎年開催されています。平成23年度のこの講座にて、当社の取り組みを紹介させていただきました。

国立職業リハビリテーションセンター主催「受入れ準備講座」講演の画像が表示されています。