事業内容 日本最大級の興行会社として様々な事業を行っています。

全国約70ヶ所以上の映画館を運営しているからこそ、「映画館」の持つ新たな可能性を模索することに妥協しません。
このページでは、映画界におけるTOHOシネマズの位置づけや、そこで展開する様々なビジネス、またGOOD MEMORIESをつくるために挑戦してきた歴史を紹介します。

TOHOシネマズは、映画の上映を行う「興行」を担っています。

TOHOシネマズは、映画の上映を行う「興行」を担っています。

映画がお客様に届くまでには、大きく分けて「製作」「配給」「興行」の3つの仕事があります。TOHOシネマズが担っているのは、映画館を運営して上映を行う「興行」の仕事。いわゆるエンターテインメント業界のイメージとは少し違うかもしれません。「映画が好き」という人以上に、「映画館という非日常な空間が好き」「映画を観るために最高の空間を作りたい」という人に向いています。

映画製作会社
(メーカー)

映画ビジネスの仕組みは、映画の企画から始まります。主演者のキャスティング、撮影、演出、編集を行い映画を作る会社がTOHOスタジオ(株)などの[映画製作会社]。一般の物流で言えばメーカーに当たります。

配給会社
(卸売)

映画製作会社が作った映画を上映する権利を買い取り、映画館での上映に向けた宣伝や営業を行う会社が[配給会社]。一般の物流で言えば卸売業に当たります。

興行会社
(小売)

配給会社と映画館で上映する契約を行い、入場者数などに応じた契約料を配給会社に支払い、上映を行うのが[興行会社]。一般の物流で言えば小売業に当たります。TOHOシネマズ(株)は日本最大級の興行会社です。

興行会社であるTOHOシネマズが
「映画館」を舞台に繰り広げる様々な
ビジネス

ライブビューイングや応援上映、
様々な映像設備を用いた映像体験

パンフレットや
キャラクターグッズの販売

ポップコーンやドリンクをはじめ、
流行を見据えた軽飲食の販売

映画館内施設を媒体とした
広告代理事業

LINE、YouTube、Twitter、Instagram
などのSNSの活用

外部企業とのアライアンスによる
サービスの拡充

映画館はもはや映画を上映するだけの場所ではありません。音楽ライブや舞台を中継するライブビューイング、応援上映など、さまざまな映像を上映することができます。共通するのは、人が集まり、コミュニティが生まれる場所だということ。そんな特性を活かし、グッズ販売やSNSを活用した広報、外部企業とも連携し、多様なビジネスが生まれています。人の集まる場所を作り、その場所で何ができるか考える。そんなビジネスに興味のある人を歓迎します。

GOOD
MEMORIES

作るために

~挑戦の歴史~

TOHOシネマズは、創業以来、時代ごとの最先端を取り入れながらさまざまなものを生み出してきました。私たちがGOOD MEMORIESをつくるために何をしてきたのか、その挑戦の歴史を紹介します。

1997

ヴァージン・シネマズ・ジャパン(株)設立

TOHOシネマズの前身である外資系会社

1999

1号館である
ヴァージンシネマズ
トリアス久山をオープン

2002

インターネット
チケット販売“vit®”を開始

インターネット上でチケットの
購入・支払いまでができる便利なチケット
販売システム

2003

東宝(株)がヴァージン・
シネマズ・ジャパン(株)の
全株式取得を発表

社名をTOHOシネマズ(株)に変更
東宝グループの傘下に入る

2005

20館

2005

世界初デジタルシネマ
共同トライアル
「4K PURE CINEMA」開始

ハリウッドで制作された最新の映画をデジタルデータのままネットワークを使って国内の劇場に配信し、それをプロジェクタで上映するもの

2006

”映画館初”FIFA
ワールドカップ
パブリック
ビューイングを開催

2007

フリーペーパー
「TOHO
シネマズ
マガジン」創刊

”日本初”の宝塚歌劇ライブ中継

”業界初の取組”六本木ヒルズ他14劇場にて
グリーン電力を利用して映画を上映

2008

東宝(株)の
100%子会4社

TOHOシネマズ(株)
に統合

東宝東日本興行(株)・中部東宝(株)・
東宝関西興行(株)・九州東宝(株)の4社

日本国内初のデジタル3D映画を公開

2008

東宝(株)の
100%子会4社

TOHOシネマズ(株)
に統合

東宝東日本興行(株)・中部東宝(株)・
東宝関西興行(株)・九州東宝(株)の4社

 

日本国内初のデジタル3D
映画を公開

2009

デジタルシネマ機器
本格導入を発表

TOHOシネマズ初“紙兎ロペ”の
幕間上映を開始

 

”TOHOシネマズ
独自のサービス”
「ママズクラブシアター®」が
「マザーズセレクション大賞2009」受賞

2003年に赤ちゃんと一緒に楽しむ日本初
「ママズクラブシアター®」を開始

※2022年11月24日から
「ベイビークラブシアター」に名称を変更しました

2010

48館

2011

自動券売機&ムビチケ導入

2012

第1回 日本HRチャレンジ大賞 奨励賞受賞

障がい者雇用への取り組みや、それによって社内外に与える影響に関するレポートが奨励賞に選ばれた。

2013

独自規格ラージスクリーン
「TCX」
日本初のシネマ音響
「ドルビーアトモス」を導入

2014

auマンデイサービス開始

KDDIと提携。
毎週月曜日に映画がお得に観られるサービス。

2015

アトラクション型
4Dシアター
「MediaMation MX4D®」導入

次世代サウンドシステム対応の「IMAX®」
を導入

2015

58館

2016

映画業界初
インターネット決済で
Apple Payを開始

2019

3面マルチシアター
「ScreenX」を
TOHOシネマズ
熊本サクラマチ
に導入

TOHOシネマズ新宿の「IMAX®」を
「IMAX®レーザー」にリニューアル

2020

LOVE PSYCHEDELICOの
NAOKI氏によるプレミアム
シアター、轟音シアターの
音響監修

※熊本サクラマチを除く

コロナ禍における新しい応援上映として
「超・応援上映」を池袋で実施。

お手持ちのスマートフォン・PCから「応援コメント」を入力するとそのコメントが劇場の巨大スクリーンに流れるといった新しい応援上映のスタイルに挑戦。

社員インタビュー

2020

66館

2022

映画業界初のYogibo
(ヨギボー)シートの導入

2022

69館

未来へ

これからもTOHOシネマズは
GOOD MEMORIESをつくるための
挑戦を続けます