キャリアステップ


年齢や勤続年数に関係なく、
やる気と能力次第でキャリアアップのチャンスがあります。

TOHOシネマズでは、年齢や性別、勤務年数に関係なく、やる気と能力次第で誰もがキャリアアップに挑戦するチャンスがあります。社員一人ひとりの個性や自主性を尊重する自由闊達な社風の中で、社員の夢の実現をバックアップするさまざまな制度を整えています。

キャリアアップの流れ
キャリアアップの流れの図

各制度について

等級制度
入社された方は、新人研修を経て、MG(マネージャー)<S1等級>として劇場に配属されます。劇場勤務を通じて一定の経験を積んでいただき、実力と自信がついたところで、後述する昇格審査を受けていただくことが可能になります。これに合格すれば、DGM(副支配人)<S3等級>、GM(支配人)<M1等級>、SV(スーパーバイザー)<M2等級>など、より上位の等級へステップアップすることができます。
研修制度
入社時に2ヶ月間の「新人研修(OJTおよびOFFJT)」の後、正式配属となります。配属されてから1ヶ月後に、仕事への習熟と職場への適応状況を確認する目的で「フォローアップ研修」を実施しています。その後は等級ごとの階層別研修や担当業務ごとのテーマ別研修により、映画館運営に関わる広汎なビジネススキルと専門性を磨いていただきます。
また、自己啓発支援の一環として「eラーニングシステム」も導入していますので、時間や場所の制約を受けることなく、各個人の能力やスキルに応じた内容を自分のペースで学習していただく環境も整えています。
昇格審査制度
「より上位の職責を担いたい」という方のために、年1回、定期的に昇格審査を実施しています。等級ごとに審査内容は異なりますが、面接、適性検査、論文、行動観察などによって、受験者がその役割に必要な能力を備えているかを公正かつ客観的に測定します。支配人になれば、数多くの部下を統率するリーダーシップや指導者としての優れた人間性、コミュニケーションスキルが必要とされますし、劇場の責任者として、計数管理や労務管理などの高度な経営スキルも求められます。
社内FA制度
新劇場のオープニング・メンバーを決める際や、各部門が新しく人材を求めているときなど、社員自ら手を挙げて社内選考に応募し、合格すれば希望の部署や職種に異動できるのが、このFA(Free Apply)制度です。会社にとっては、やる気のある社員を適材適所で配置でき、また、社員にとっては自己実現の手段として利用できるなど、双方にメリットのある人事制度です。
公的資格取得ボーナス制度
TOHOシネマズでは、社員の自主・自立を人事理念の基本に、自己啓発活動を奨励しています。ビジネスパーソンとしての成長につながる、会社が定めた一定の公的資格取得者に対し、その努力に報いるボーナス(一時金)を支給する制度があります。
コース転換制度
総合職として入社された方が、ご家庭の事情等で転勤が困難になった場合には、一定の要件のもとで勤務地限定職へコース転換を行うことが可能です。また逆に、勤務地限定職として入社された方が、総合職としてキャリアアップを目指したいという場合にも、コース転換審査をクリアすれば総合職にコースを転換することができます。